【エクオールでバストアップ】おすすめの効果で選ぶサプリメント

今までいろんなバストアップサプリを試したのに、バストアップできなかったなら、エクオールに注目!

体に安全に効果的に、体のラインを魅力的にしたいならエクオールがおすすめです。

エクオールなら副作用の心配がなく、安心してサプリを毎日摂ることができます。

プエラリア配合のバストアップサプリを飲んでも効果がなかったあなたは、もしかしたらエストロゲンの働きが弱いのが原因かもしれませんよ。

エストロゲンの働きを促すサプリを利用して、効率よく自分が理想とするバストを手に入れちゃいましょう♪

Contents

エクオール配合バストアップサプリのメリット3つ

  • 効率よく効果的にバストアップをサポート。
  • 美人ホルモンを整える。
  • 副作用の心配が少ない。

効率よく効果的にバストアップをサポート

女性の悩みの中でも胸の悩みはトップ3に入る悩みの一つですが、女性のバストアップや美乳に欠かすことできないのが、女性ホルモンです。

男性に女性のような胸の膨らみがないのは、女性ホルモンが少ないからです。

同様に女性の中でもエストロゲンの働きが弱い方はどうしても女性ホルモンの働きも活発ではないので、バストが小さい方が多いです。また、バストの形が崩れやすくなります。

「女性として魅力的なバストがほしい!」

バストアップや綺麗な美乳を作るのにとても重要なホルモンは、女性ホルモン中でもエストロゲンという女性ホルモンになります。

なので単純に考えれば、エストロゲンを増やしたり、エストロゲンを減少させないで、上手に分泌させることができれば、バストアップや綺麗な美乳を作ることができるのです。

エクオールは女性ホルモンのエストロゲンに似た働き(エストロゲン様作用)をすることで、バストアップをサポートします。

美人ホルモンを整える

また、女性は30歳以降、エストロゲンの分泌が減ってくるために、体調が崩れやすく、肌のトラブルを増えてきます。それを簡単に補えるのがエクオールになります。

例えば、肌のターンオーバー。これは約28日の周期で行われている肌の新陳代謝です。これはエストロゲンが行っています。もしエストロゲンが減少してもエクオールを補うことでエストロゲンと同様の効果がありますから、肌のターンオーバーを整えて肌を若くキープしてくれます。

実験において、シワの改善にも効果があることが証明されています。肌のターンオーバーが整うことでシワやシミを予防できたというわけです。

また、そのほかにもエストロゲンが減少することで起こる睡眠不足やイライラ、太りやすい症状なども、エクオールを摂ることで改善効果が期待できます。

副作用の心配が少ない

エクオールというのは元々、腸内細菌であるエクオール産生菌と、大豆などから摂取できるイソフラボンが合わさって体内で作られる物質です。

体内で作られるということは、エクオールの成分自体には副作用はないということになります。

エクオールは女性ホルモンとは違い、自然由来成分なので、女性ホルモンバランスが崩れるなどの副作用はありません。安心して摂取できます。

エストロゲンの働きを活発に♪女性ホルモンが少ない女性がバストアップサプリを選ぶポイント

  • エクオールなどのバストアップ成分が入っている
  • 女性の必須栄養素を補える
  • 無添加で安心

エクオールなどのバストアップ成分が入っている

バストアップに重点をおいたサプリメントを選ぶことが大切です。
先ほども説明したように、バストアップするためには胸の乳腺を発達させることが必要。そのためには女性ホルモンの中でもエストロゲンを活発にさせることが大事です。
女性ホルモン自体を増やすことは難しいですから、代わりにエストロゲンに似た成分によって、バストアップをサポートしていきましょう。

ここで説明しているエクオールだけでなく、プエラリアも効果的。ただし、良質なものであること、容量や飲むタイミングをきちんと守ることが必要です。この二つを上手に併用することで、エクオールによるバストアップ効果だけでなく、そのバストアップをサポートする成分、ハリや弾力をUPさせる成分、といった相乗効果が狙えます。

女性の必須栄養素を補える

バストアップに加えて、女性に必要な栄養素が入っているとさらにいいですね。もちろん、サプリメントにはいろんなものがありますから、自分の望んだ効果が得られそうなサプリをたくさん摂ればいいと思う方もいますが、どうせなら一度に全部摂れるならいいですよね。時短にもなりますし、お得です。

肌のハリやツヤ、リラックス効果のある成分が一緒に摂れるサプリがおすすめです。

無添加で安心

体に入れるものはできるだけ安全なものがいいですよね。ましてや自分の体のためにも、サプリがどこでどのようにつくられたのかは知っておきたいです。

そのために「GMP認定工場で作られてたのか」確認することが大切です。

サプリを選ぶときにはこのGMP認定工場で管理してつくられたのかチェックしましょう。

この3点をポイントにしてバストアップサプリを選んでみてくださいね。

このエクオールは、現在はサプリメントで摂取することもできます。 女性ホルモンを増やすことはできませんが、似た働きの成分を補うことができるのです。

エクオール配合バストアップサプリ比較表

クオリア ルーナプレミアム ぷるるぷるる
公式サイト
価格 4,580円 初回880円
2回目以降6,480円
初回実質無料(送料のみ)
2回目以降7,150円
解約条件
初回解約OK
3回
4回
バストアップ成分
エクオール&プエラリア
エクオール
エクオール
特徴 厳選な安全成分 2種類のサプリ&ダイアリー付き ダイエット成分配合
総合評価 星5個 星4個 星3個
詳細へ 詳細へ 詳細へ

エクオール配合のバストアップサプリメント人気ランキング

プエラリア&エクオールのW効果
クオリア
5
価格9,200円
容量1か月分
定期価格4,580円
特徴初回定期解約OK
クオリア

エクオールとプエラリアを配合し、幅広い年代の女性をターゲットにした女性特有の悩みを改善する、17種類以上の栄養がぎゅっと詰まった自然由来のサプリメント。
配合されているエクオールは、特許取得の独自抽出法の発酵エクオール。
クオリアにはエクオールが一日の摂取目安の10mg入っていて、これは有名エクオールサプリと同じ最大量。さらにプエラリアには、12種類以上もの植物性エストロゲンが含まれています。
エクオールだけでなく、プエラリア配合をしているところが特徴で、2つの効果でホルモンバランスを整えるため、更年期の症状緩和、PMSやバストの悩みなどのサポートにも効果が期待できます。
定期購入回数の縛りがないのも安心して買えると人気です。

ルーナプレミアム
エクオールでバストアップ
ルーナプレミアム
4
価格9,750円
容量約1か月分
定期価格初回880円
特徴2種類のサプリ飲み分け

人気バストアップサプリのルーナから新しく「ルーナプレミアム」が登場しました。バストアップサプリは試してみたいけどプエラリアの副作用が怖い、または、今までプエラリア配合のサプリを使ったことがあるけど効果を実感できなくてあきらめた。そんな方におすすめのバストアップサプリです。生理周期に合わせて2種類のサプリを飲み分け、さらにバストアップ成分として「エクオール」を配合。。ルーナダイアリーがついているので2種類のどちらを飲めばいいのか一目でわかるし、自分の生理周期の把握が簡単です。今注目のサプリメントです。

PuRuRu2(ぷるるぷるる)
ジオフラボン配合
PuRuRu2(ぷるるぷるる)
3
価格9,540円
容量約1か月分
定期価格初回実質無料
特徴エクオール”と”ジオフラボン”配合

ぷるるぷるる(PuRuRu2)ではホルモン周期に合わせて、2種類のサプリでホルモンバランスをサポートするように作られているサプリ。
ジオフラボン、エラスチン、エクオールの3大バストアップ成分がエストロゲン分泌をサポートしてバストアップにつながります。

初回無料で30日全額返金保証付です。

バストアップできないのは、エストロゲン不足が原因かも?

エストロゲンって何?

そもそもエストロゲンとは一体何なのかというと、女性ホルモンのことです。

思春期から分泌されるようになり、20~30代は安定されて分泌されています。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類あります。この2種類がバランスを取りながら分泌されることで、生理周期が成り立っています

エストロゲンの主な働きとして、

・子宮・膣の発育を促す
・肌や髪をツヤツヤにするなど、女性らしい身体を作る
・自律神経を安定させる
・骨を丈夫にする
・脳の働きを活発にする

また、エストロゲンはバストアップにも効果的です。
なぜなら

  • バストアップに必要な乳腺を増やしてくれる
  • 脂肪が付きやすくなる

からです。

なので、今よりもバストアップをしたいのであれば、エストロゲンがうまく働けるような体になることが何よりも重要になってきます。

そのために大切なことは、ホルモンバランス!

女性の体は非常にデリケートなため、ダイエットや食生活の乱れ、ストレスや睡眠不足など負担がかかると、ホルモンバランスは乱れてしまいます。

ストレスが増えるほどコレステロールからのコルチゾールの生成量と消費量が増えるため、理想的な女性ホルモンの代謝量まで生成できなくり結果的に女性ホルモンが不足することも。

また、年齢を重ねるごとにどんどんエストロゲンは不足していくんです。

じゃあ、どうしたらいい?

エストロゲンを増やすのに大豆製品は効果的

エストロゲンを増やすのに良いのは、イソフラボンを含んでいる食品を食べることです。代表的なものは大豆製品です。

大豆製品には、大豆イソフラボンが多く含まれています。

大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若さをサポートします。

大豆製品には、体内でエストロゲンと似た働きをする“大豆イソフラボン”という栄養素が豊富に含まれています。

要するに、大豆製品にはエストロゲンのように女性ホルモンの分泌を促進する効果が期待できるんです。

つまり、イソフラボンはバストアップの鍵ということになります!

加齢により卵巣機能が低下してエストロゲンの分泌量が急激に減るため、食事からエストロゲンを摂取することも大切になってきます。

大豆製品の摂取量は、1日40~50mgを目標にしましょう。

摂取目安量は

豆腐約1/2丁(110g)
納豆1パック(40g)
煮豆(80g)

になります。

普段の食生活に意識して摂り入れていきましょう。

※自然食品といっても摂り過ぎはよくありません。

効率的にイソフラボンが摂れる!それがエクオール

イソフラボンの効果のほとんどは、エクオールの効果なんです。

イソフラボンの効果を得るために、大豆製品は良いのはわかりました。

でも、

「大豆製品を毎日それだけ食べるのはちょっと大変」

「あんまり大豆製品が好きじゃないから辛い・・・」

そんな方にはエクオールに注目してください。

エクオールは、大豆イソフラボンを摂取した時に変換されてできる物質です。

大豆イソフラボンは、先ほど言ったように大豆製品に含まれており、バストアップに効果的な成分ですが、実はこの効果の源が「エクオール」であることが最近の研究で分かってきました。

バストアップに必要な女性ホルモンの分泌を促す作用がイソフラボンにあるのですが、そのイソフラボンを上回る効果を持っていると言われるのがエクオールです!

エクオールは、強くなりすぎたエストロゲンを抑える抗エストロゲンの働きもあるんです。まさにスーパーイソフラボン!

大豆イソフラボンに比べて効率よく女性バランスに働きかけてくれます。

実はエクオールを作れない人が多いんです。

そんなありがたいエクオール。

実は、エクオールは誰でも作れるわけではありません。

ある研究データをみると、全世代で43%しか作れないんです。

つまり、自力でエクオールが作れる人は2人に1人。

作れる人でもエクオール量を作り出せる人は、通常の食生活ではエクオール3.0mg程度しか作れていないんです。(1日に必要なエクオールの摂取量は10mgです)

また、エクオールは体内には蓄積されませんので、エクオールを作れる人でも、大豆食品を毎日食べる必要があります。

大人になってエクオールを作れる人になるのは不可能なの?

残念ですが、成人してから腸内細菌であるエクオール産生菌が自然に作られる可能性は低いのだそうです。

腸内細菌には乳酸菌、ビフィズス菌などのように早く定着する菌もあるのですが、エクオール産生菌は定着能力が低い菌なのです。

なので、エクオールを作れる人でも納豆や豆腐などの大豆イソフラボンを毎日摂取する必要があります。

腸内環境が変化することによってエクオールを作れなくなることもあるので、サプリメントなら効率的に質の高いエクオールを手軽に摂ることができます。

プエラリア配合のバストアップサプリは効果がない?

プエラリアは副作用の危険が?原因は。

バストアップサプリメントの主成分を見ると

「プラセンタ」

が配合されているものが多いですよね。

プラセンタはエストロゲンの働きをサポートして、バストアップ効果があるといわれている成分です。

ですが、このプラセンタによって最近、健康被害が急増しています。

2017年7月に国民生活センターが、プエラリアを含む健康食品について注意喚起をしています。

報告されている症状は、嘔吐や腹痛、下痢、発疹、じんましん、月経不順、不正出血など。

ただ、被害状況を見ると、そのほとんどは40代以下で、最も多いのは20代で、全体の33%を占めています。

女性ホルモンのエストロゲンは、20代から30代前半の分泌が一番多いので、エストロゲンが不足してないのに摂っている可能性があります。

そうなると、エストロゲンの過剰摂取になる恐れがあり、副作用が起こる可能性も高くなります。

バストが小さいからと言って、エストロゲンの働きが弱いという訳ではないんですね。

バストが大きくても、エストロゲンの働きに関しては個人差があるでしょう。

とはいえ、40歳以下でバストアップしたくて飲用する場合は、注意が必要です。

最近では20代の頃からストレスを受けているために女性ホルモンバランスが崩れて、エストロゲンの働きが弱い方もいますから、すべての女性に当てはまるわけではありませんし、正しい飲み方を守れば副作用の心配は減ります。

プエラリアにも質がある。服用する前にチェックする3つのポイント

質が保証されていること

プエラリアを表示されているバストアップサプリであっても、プエラリアに似た植物成分が配合されている可能性があります。なので、本物のプエラリアが使われているか、タイ政府からAAAの認定を受けているかなど確認することが大切です。

品質保持をするため栽培するたびに毎回品質検査を行っているものなど、管理がしっかりされているものを選びましょう。

一日の容量を必ず守る。

一日に指定された量を飲むようにしましょう。過剰摂取は注意です。きちんと一日に飲む量を守って、自分の体調に合わせて飲むことが大切です。

異常を感じたら、すぐに飲用を中止し、医師に相談してください。

生理期間には飲むのを控える

個人の体質によって違いますが、プエラリア成分が入っているものを生理期間中にのむことは控えましょう。

プエラリアの効果的な飲む期間は、生理が終わってから排卵日までの期間です。排卵日から生理中はエストロゲンの分泌量が減る時期で、無理にプエラリアによってエストロゲンの分泌量を増やすと、ホルモンバランスが乱れて副作用が起きやすくなります。

生理中は避けて、生理が終わってから飲めば問題はありません。

エクオールとプエラリアは併用しても大丈夫?

どうせなら、バストアップ効果が高い成分をたくさん摂りたい。
だって、バストアップをできるだけ早くしたいし。

それが本音ですよね。

時間がかかるとそれだけお金もかかるし、不安ですし。

それなら、エクオールとプエラリアを一緒に摂ればいいんじゃない?って思いますよね。

そうなると気になるのが、一緒に摂っても体への影響がきになります。

プエラリアとエクオールを合わせて飲むことで、それぞれ持っている効果を十分に実感することができます。

プエラリアは即効性が期待できますし、エクオールはじっくりと効いてきます。

しかも、エクオールには過剰に出すぎたエストロゲンの働きを抑える抗エストロゲン効果があるので、女性ホルモンのバランスを整えてくれるんです。

プエラリアだけじゃちょっと物足りない
エクオールだけだと不足気味

それなら一緒に摂れるサプリが効率的に自分が理想とするスタイルを目指せます。

お得!バストアップだけじゃない!“スーパーイソフラボン”こと「エクオール」の効果は?

エクオールにはバストアップの効果だけでなく、更年期障害など年齢を重ねるにつれて変化する女性の変化をサポートする効果があります。

「あさイチ」「たけしの家庭の医学!」「主治医が見つかる診療所」「NHKスペシャル」「世界一受けたい授業」などで放送されてから注目されるようになりました。

代表的な効果は以下のものです。

  • 更年期特有のイライラや落込みの軽減
  • 新陳代謝を向上させ、肌のターンオーバーを正常化する
  • 肌老化を防ぎ、シミ、しわ、たるみが改善される
  • 更年期の肥満を予防
  • 更年期の薄毛やパサパサ髪を解消

効果には個人差はありますが、研究の結果をみても効果が出ていることがわかります。

エストロゲンは肌のコラーゲンを作り、エラスチンをつなぎとめる働きをして肌の潤いを保っています。そこで、エストロゲンが激減するミドルエイジからは、肌が乾燥しシワやたるみなどが出やすくなります。

基本的に年齢を重ねるほどエストロゲンの分泌量が減ってくるので、肌がどうしてもくすんできますが、エクオールを摂った人では、シワの面積が少なくなる、シワの深さが浅くなるなど、いずれも改善したという結果が出ています。

さらにエクオールは、PMS(月経前症候群)の症状改善にも期待できるといわれています。なぜならPMSには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「黄体ホルモン」を含む女性ホルモンが関わっていると言われているからです。

最近の研究によれば、体内でエクオールを産生できる人の方が、PMSの症状が軽いという結果が出ています。

このように、エストロゲンの働きが弱いことによって起こる様々は症状を改善する働きがエクオールにはあるんです。

エクオールは副作用が心配。アレルギーも気になる。

エクオールに関する研究結果によると、エクオールを過剰摂取したことによる副作用や危険性は現時点では見つかっていません。

ですが、以下の場合気を付ける場合があります。

  • 薬やサプリメントの飲み合わせ

他のサプリメントを既に服用している場合は、エクオールを摂取する前に、薬剤師などに相談しましょう。

  • 婦人科系疾患・乳腺疾患のある方

かかってる病院の医師に要相談です。

  • 妊娠中、授乳中の方、小児の方

エクオールの副作用で乳がんになる?

また、「エクオールの副作用」とネットで調べると

エクオールの副作用として乳がんがある?という話があります。

エストロゲンの過剰分泌によって、乳がんになるリスクが高まるので、エストロゲンと同じ働きをするエクオールを摂るとで乳がんになるリスクが高まるんじゃないか?心配している方が多いからだと思います。

これは、最初に言うと間違いです。

なぜなら、エクオールはエストロゲンと似た働きをしながらも、「抗エストロゲン作用」といって、エストロゲンの過剰な働きを抑える効果もあるのです。

エストロゲンのかわりにエクオールがエストロゲン受容体と結びついてくれるので、過剰なエストロゲン作用は働きません。そのため、エクオールを摂取することで乳がんのリスクが高くなるという心配はほぼないといえます。

エクオールはアレルギーの心配は?!

エクオールの成分は、大豆イソフラボンになりますから、食品アレルギー(大豆・乳製品・ビール酵母)がある方は飲めません。

あと、いくら体に良い食べ物であっても過剰摂取は体に負担をかけますので、大豆イソフラボンを含むサプリや特定保健用食品との併用は、避けた方が良いでしょう。

バストアップサプリメントの効果を高める飲み方

せっかくバストアップサプリメントを飲むなら、一番効果的に飲みたいですよね。
ここでは効果を高める飲み方をご紹介します。

飲む時期と飲むタイミング

  • 食後
  • 入浴する前
  • 寝る前

サプリメントは、薬ではありません。

分類でいうと、食品になります。

食品となると、どうですか?パンをいつ食べるかって気にしますか?お腹が空いたら食べると思います。

サプリメントも同じですので、食前、食後、朝、夜、いつでもかまいません。

ただ、その中でも効果があるといわれているのは

この上で紹介した3つの時期になります。

まず、朝でも晩でも、サプリメントを飲むのに適しているのは、食事をした直後。つまり、胃に食べ物が入っているときです。

食事で消化器官の働きが活発になっているときは、栄養の吸収率も上がるためです。また空腹時に飲むと胃が荒れてしまうこともあるので、胃腸の弱い方は空腹時にサプリを飲むのは控えましょう。一部例外はありますが、特に注意書きがないようであれば、食後30分以内を目安に飲むのがおすすめです。きちんと胃に届くよう、コップ1杯程度の十分な量の水と一緒に飲みましょう。

次に、入浴前がいいと言われている理由は、お風呂に入ると血行が良くなって、バストアップサプリに含まれる成分が体の様々な部分まで届きやすくなるからです。
冷えがバストアップに良くないといわれているのも同じ理由ですね。普段から、血行をよくする食べ物を食べたり、ストレッチなどをして体をほぐすことも大切です。

最後に、寝る前ですが、これは入浴後のことが多いことから血行が良くなっていると考えられることもありますし、眠っている間の腎臓は血流が落ちてゆっくりになるため尿として排出されにくくなります。寝ている間はトイレにいく回数も減りますし、必然的に効果的になるのです。

飲まない方が良い時期

バストアップサプリを飲む方にあらかじめ知っておいてほしいのは、飲まない方がいい時期があるということです。

飲まない方が良い時期としては、

  • 生理中
  • 妊娠中
  • ピルの服用中

が挙げられます。

生理中に飲んでも大丈夫なバストアップサプリもあります。ルーナなど生理習慣に合わせて飲み分けるバストアップサプリを除いて、基本的には生理中は飲まないほうが良いでしょう。

理由は、バストアップ成分「プエラリア」にあります。

プエラリアは女性ホルモンに影響を与える成分です。特にエストロゲンに影響をあたえます。

生理中は、このエストロゲンがたくさん分泌されますから、この時にエストロゲンに影響を与えるプエラリアを飲むとホルモンバランスが乱れる可能性が高くなります。

個人差があるので、生理中に飲んでも体調が変わらない人がいるかもしれませんが、個人的にはおすすめしません。

あと、過剰摂取も注意しましょう。1日に決められた量を飲むようにしてください。

過剰摂取をすると、以下のような悪影響が出る可能性があります。

  • 生理不順
  • 下痢または便秘
  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 倦怠感
  • 睡眠障害
  • 不安感

そのため、目安として指示されている摂取量をきちんと守って飲むようにしましょう。

そして、飲んでいる期間は体調の変化には気を付けておきましょう。決められた量を飲んでいるのに体調が悪くなる場合は、量をへらすなど自分に合う量をみつけましょう。

バストアップサプリは、たくさん飲めばそれだけ効果が出るというものではないので、そこは誤解しないでくださいね。

エストロゲンの働きを活発にするための生活

バランスの良い食事

エストロゲンの働きを良くするためにいいといわれる食べ物だけを食べ続ければいいのではありません。何事にも言えますが、バランスのいい食事がいいといわれています。

肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るようにしましょう。特に良いとされるのは、納豆などの発酵食品、ヨーグルトなどの乳酸菌、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えること。食生活を和食中心にしてみることもオススメです。

注意することは、栄養バランスの悪い食生活です。ファーストフードやインスタントフード、油で揚げたお菓子なども酸化した食べ物は体に悪影響を及ぼします。女性ホルモンにも良くありません。

睡眠

睡眠はホルモンの分泌に影響を与えます。睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンにも悪い影響がでることも。なので、ホルモンバランスを安定させるためにも質のいい睡眠を心がけましょう。

質の良い睡眠をとるためには、寝つきが良くなるように布団に入る前にストレッチで体を温める、就寝前のスマートフォンの使用は控える、寝る前2時間は食べない、寝る前の熱いお風呂は控える、などの睡眠の質を上げる心がけをしてみて下さい。また、テレビや電気を付けたまま寝る方がいますが、寝室は暗い方が深い眠りに着くことができると言われています。いい睡眠がとれるように対策をすることは女性ホルモンにもいい影響を与えます。

そして、成長ホルモンはバストアップにも役に立つホルモンです。成長ホルモンを分泌させるためには、午後10時~午前2時までの間の「ゴールデンタイム」に熟睡するのが良いとされています。

冷え

体の冷えも女性ホルモンに影響します。 普段からカラダを動かし、血行とカラダの代謝を良くすることで、血行をスムーズにし、ホルモンバランスを整えていきましょう。

特に足先は心臓から一番遠く冷えやすいので、足先を温める足湯や半身浴を取り入れましょう。下半身の血行がよくなるので、部分浴であっても、全身がポカポカと温まりやすくなります。

冷え性の人は、普段から腹巻や靴下を着用する、ショウガ茶など体を温める飲み物を飲む、湯船に浸かるなどの冷え対策をしましょう。

また、身につけるものにも冷えの原因になるものがあります。体を締め付けるものは、血行を鈍くして、冷えやすくします。例えば、ガードルやストッキング、ハイヒールなどが当てはまります。仕事や用事で身に着ける場合は、その日の夜にストレッチやマッサージをして体をほぐしましょう。

あと、普段の生活の中で軽い運動を取り入れていくこともおすすめです。とくにヨガやストレッチは、簡単ですし、深く呼吸をすることでカラダの緊張をほぐすので、より効率的。 デスクワークをしている方は、特に血行と代謝が悪くなりやすいので、1時間に1回は立ち上がって背伸びをするといいですよ。

恋愛

「最近、恋をしているのか、あの子は最近きれいだね。」こんな会話を聞いたりしたりしませんか?

恋愛は女性をきれいにするのに大切な要素?

女性がきれいになる=エストロゲンの増加??

この恋愛とエストロゲンが関係しているのではないかと言われています。

実際、アイドルに夢中の年配の女性の中には、アイドルと握手をしたり、キュンキュンすることで生理が戻ってきたり、肌がきれいになったという声がたくさんあるんです。
今までエストロゲンの働きが弱っている状態だったのが、ホルモンが分泌されることでさらに働くようになったのが理由なのではないかと思います。

まだまだ科学的な根拠は乏しいですが、人間は、恋をすることで動物の発情期のようになり、エストロゲンが増加するのではないかという考えもあります。

ストレス

エストロゲンの働きを弱くする原因の大きなものとしてストレスがあります。

エストロゲンはコレステロールから合成されるホルモンです。そして、このコレステロールからは他にも男性ホルモンやストレスに対抗するコルチゾールというホルモンが合成されて、それぞれがバランスよく合成されることで正常な状態を保っています。

ですが、ストレスを感じると、コルチゾールがエストロゲンよりも多く合成されてしまいます。結果、エストロゲンの分泌量が減るので、働きも弱くなるというわけです。
エストロゲンの働きを良くするためには、何よりもストレスを減らすことが大切です。ストレスは、真面目な人、責任感の強い人ほど受けやすいもの。現在ではストレスの受けやすい環境にありますから、よりストレスと上手に向き合うことが求められています。 例えばアロマオイルで心身をリラックスさせる時間を作ったり、睡眠を規則正しくとることはストレス軽減に役に立ちます。

また、エストロゲンを作るためにコレステロールは必要ですから、無謀なダイエットを避けて適度なコレストロールを摂取することも重要です。